ベトナム料理の定番、フォーとブンの違いとは?

こんにちは!ベトナムフロッグです!

ベトナム料理の代表的な食材の中に、お米から作った麺「フォー」と「ブン」があります。これらは、おそばやうどん、ラーメン、スパゲッティーなどの麺類が好きな日本人として、見逃せないメニューです。ところで、この2つの違いはご存じですか?

フォーはお米を平たく伸ばした麺です。食感はもちもちとしていて、スープを吸って味が染み込み、とってもおいしく食べられます。また、腹持ちがいいのも特徴の一つです。

ベトナムフロッグのフォーは、現地の業者から確かな品質のものを仕入れています。鶏や牛から出汁を取ったあっさりとしたスープがよく合いますので、ぜひお召し上がりください。「鶏肉のフォー」「牛肉のフォー」など、お好みに合わせてお選びいただきたいと思います。

一方のブンは、ベトナムのもちもちビーフン。炒めたり、ライスペーパーにくるむゴイクン(生春巻き)の具に使われたりと、レパートリーはさまざまです。「蒸し鶏と筍の炒め汁ブン」「揚げ春巻き乗せ和えブン」「海鮮焼きブン」など、さまざまなメニューがございますので、お好みの味を見つけてみてくださいね。

ベトナムフロッグのベトナム麺料理は、ベトナム出身のスタッフも太鼓判を捺す本場の味。ぜひ東京・汐留でベトナムを感じてみてください。みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

ベトナムフロッグ 汐留店
住所:東京都港区東新橋 1-5-2 汐留シティセンター B1F
電話番号:050-7300-2964
Twitterはこちら
Instagramはこちら

アジアンバル フロッグス
住所:東京都 千代田区内神田3-10-5 満留賀ビル1F
電話番号:03-6206-9780
ホームページはこちら
Facebookはこちら
Instagramはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする