南北に長いベトナムの風土と料理の関係は?ベトナムフロッグです。

こんにちは!ベトナムフロッグです!

先日の記事では、ベトナム料理とタイ料理の違いについて紹介しました。また、その中で、ベトナムの南北による料理の違いにも触れていました。こうした理由が生まれるのは、南北で風土・気候に大きく違うことも、無関係ではないでしょう。

ベトナムは南北に長い国で、長さはおよそ1650kmあります。日本で言えば、北海道の最北端にある宗谷岬から、九州最南端にある佐多岬まで、緯度だけで距離をみればほぼ一緒です。

北部は年間を通して比較的高温多湿ではありますが、11月から4月頃は、平均気温が20度を下回るくらいと、過ごしやすい気候となります。この地域は稲作がさかんでお米がよく取れることから、ベトナムの米文化は北部から発達を遂げています。

中部は北中部と南中部沿岸地域の2つに分けられ、北部は厳しい寒さと暑さが特徴。南中部は1年中暑く、雨季と乾季という2つの季節に大別されます。この地域はフエ・ダナン・ホイアンといった港町が多いため、海の幸が有名です。

南部は、赤道熱帯モンスーン気候。1年中暑い時期が続く地域で、東南アジアの気候というと、この辺をイメージする方が多いのではないかと思います。こうした気候から、甘辛い料理が好まれ、ライスペーパーを使った生春巻きなども一般的です。

ベトナムフロッグは、ベトナム北部出身のスタッフが揃い、北部の優しい味を中心に、日本のみなさまにも親しみやすい味付けをしています。北部のメイン料理である、フォーやブンといった米麺料理は、薄味でそのままでもおいしいですし、香り高いパクチーにもよく合います。ぜひ、召し上がってみてくださいね。

ベトナムフロッグ、アジアンバル フロッグスでは、ランチタイムのご利用から夜のご宴会まで、さまざまな形でみなさまにご利用いただけるよう、毎日パクチーやベトナムの食材をたくさん用意しております。本日もみなさまのご来店をお待ちしています。

ベトナムフロッグ 汐留店
住所:東京都港区東新橋 1-5-2 汐留シティセンター B1F
電話番号:050-7300-2964
Twitterはこちら
Instagramはこちら

アジアンバル フロッグス
住所:東京都 千代田区内神田3-10-5 満留賀ビル1F
電話番号:03-6206-9780
ホームページはこちら
Facebookはこちら
Instagramはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする